【HoverBoard】未来がすぐ目の前に!公園でかっこよく遊べるボード

Share

映画やアニメの中でしか見られなかったようなホバーボードは既にあなたの手の届くところにまで来ています。HoverBoardは、一輪ボードに見えますが、ボード下部にあるホバーブースターによって、ほんの少し浮いた状態で走ります。5000Wもの出力であなたの身体を浮かせて走ってくれます。

 

5000Wでホバリングするスケボー

既に知っている人は知っている最新のホバーボードは、話が出てきた当初はバック・トゥー・ザ・フューチャーを実現したともいわれていました。クラウドファンディングで資金を集めている段階で、日本国内ではまだ購入できないレアなボードです。

 

見た目には一輪車で乗りにくそうに見えますが5000Wの電力で空気を排出するため安定して走行ができて、ホバーしているように走れます。端末によってはLEDや音楽プレーヤー機能もついており、スポーティーな走行を存分に楽しむことができます。

 

 

日本では公園や私有地で乗れます

日本ではローラーブレードやブレイブボードなどと同じく、公道では走れないので私有地、公園などで走行するのに最適です。ジョギングやランニング、公園でスポーティーにドヤりたい方には最高の最新端末ですね。かっこいい上に、わずかながら宙に浮いているわけですから、人気者間違いなしです。

 

 

LED機能の付いている金額の高いものを選ぶとカラーバリエーションも選べて、ジャージの色や気分に合わせてカスタマイズできます。色の調整はしやすいですが、黄色や赤のような警戒色はないようでちょっと残念。

 

 

こちらはホバーボードの内部構造や外装の組み合わせの画像。Youtubeの動画でも確認できます。個人的にはホバーボードにLEDや音楽プレーヤー機能はいらないですが、やはり見た目がかっこいいので、セグウェイ感覚で一度は乗ってみたいですね。

 

 

価格は日本円で約30万円から40万円

ホバーボードは価格が3種類あり、約30万円、約35万円、約40万円の端末の物があります。安い30万円のホバーボードは出力4000Wですが、LEDや音楽の余計な出力がないので十分な性能を発揮してくれるでしょう。

 

 

ライトが約30万円、セミが約35万円、フルが約40万円と、価格はライトのホバーボードでもライトじゃないですが、相当いい価格。公式サイトを確認した所、バッテリー交換があるかわからないので、バイク乗りとしてはメンテナンスを考えるとアフターパーツが心配です。

 

 

ホバーボードの上面と裏面はこのような感じで空気をガッツリ排出する所やライトアップされるところなどが設置されています。上部の赤色、緑色はライトの色を変えられると思いますが、このままだとちょいダサいですね。

 

 

発売状況はPre-orderなので今後に期待しよう

ホバーボードの協賛企業はこの画像のような感じ。なかなかの会社が名前を連ねていますが、日本ではまだ知名度は高くないですね。HUFFINGTONPOSTなんかはそこそこ有名で、YAHOOファイナンスは資本金関係でしょうか。

 

 

このホバーボードは「EQUALIA」という会社で、画像のような雰囲気の企業のようです。開発期間は比較的長く、今の形のホバーボードになるまでに数年かかったようです。もし日本で本格的にホバーボードが販売されるようになる時にこの会社「EQUALIA」のことは覚えておいてもいいかもしれませんね。

 

 

 

 

http://hoverboard.com/

もしこのブログの情報が役に立ったと思ったら「はてブ・Twitter・Facebook」などで気軽にシェアしてください!

 

 

こちらブログサークルへのリンクです。
ブロトピ:今日のブログ更新ブロトピ:ブログ更新デース
ブロトピ:ブログ更新しました!ブロトピ:♫ブログ更新しました♫ブロトピ:今日の生活・文化情報ブロトピ:ブログ更新しました!
ブロトピ:ブログ更新しましたブロトピ:ブログ更新しましたブロトピ:ブログ更新しましたブロトピ:お知らせですブロトピ:ブログ更新しました(*^▽^)/★*☆🎵ブロトピ:更新しました♪★*☆🎵ブロトピ:目指せ!ホットエントリー!!みんなの記事ブロトピ:拡散されやすいツイートについてブロトピ:本日のブログ更新!ブロトピ:ブログ更新通知ブロトピ:ブログ更新しました!ブロトピ:ブログ更新しました

関連記事