高度な文章の書き方~ライティングの種類~

Share

大衆向けコンテンツ

一般大衆向けのライティングで、ブログ、バイラルメディア、アフィリエイトサイトで使われるような記事はこちらに分類します。記事の内容にそれほど重みはなくてもよく、コンテンツがあればOKというクライアントも多いです。クラウドソーシングで任されることが多いのがこの分野です。

専門情報コンテンツ

サプリメント、医療、金融、投資、不動産系のライティングはこちらに分類されます。専門知識がないと執筆できないため、文字単価が高くなりやすいですが、記事の内容に重みがなければ価値がありません。ウェブニュースやネット新聞の文章も専門情報として扱います。クラウドソーシングで任されることもありますが、各分野の専門家・関係者向けの情報提供が目的になるのでターゲットに合わせて文体や構成を変える必要があります。

装飾ライティング

HTML、CSSも考慮したライティングです。主に読者の見やすさを意識して執筆します。パソコン・スマートフォンで読まれることを想定して適切な文字数の位置で文字装飾できるようにするため、HTMLとCSSのコーディング経験、カラーコーディネーション、高齢者向けの視認性意識などが求められます。表示速度、見やすさを合わせて執筆するのは想像以上に難しい作業です。

SEOライティング

検索上位に表示されることを目的としたライティングです。<h2><h3><h4>などのタグ内キーワード、本文のキーワードをバランスよく配分して執筆することになります。訴求するキーワードの類語や共起語をリサーチして記事内に含ませる必要があります。競合サイトに含まれているキーワード群は最低限満たしていないといけないのでいかにキーワードを自社サイトに増やし続けられるかどうかでサイトの信頼度を高められます。時には英語訳を追加してより多くのターゲットに情報提供できるようにするうえ、タイトルのキャッチコピー考案、タイトル&見出し作成も行うことになります。

心理訴求ライティング

あえて炎上を誘う文章、ユーザー・読者を心理的に誘導する逆説的文章など、記事を読むことで、読者に一定の心理反応・行動を起こさせるためのライティングです。読者自身に、ある問題についての意見を持つようにしてもらいたい場合は、あえて反社会的な記述をし、少し偏った個人の主観、正論をバランスよく執筆します。好き嫌いが半々に分かれるように書き、読んだ人が自分の意見を持てるように刺激するようにします。読者の心理操作が必要になるため、キャッチコピーや文章力も重要になります。
基本的に上記のライティングに分類でき、高度なライティングほど文字単価が上がります。1文字0.2円から1文字3円くらいまでの単価が多く、最高でも1文字4円ほどです。画像選定と挿入、文字装飾を含めることもあるため、最低限HTMLの知識は必須です。

関連記事